ミネラルウォーターの日本での歴史

今では当たり前のように売られているミネラルウォーターですが、日本ではいつごろから造られるようになったのでしょうか。

日本のミネラルウォーターの幕開けは、明治時代の中期だと言われます。1880年代にスパークリングミネラルウォーターが瓶詰めされて、横浜や神戸の居留地の外国人やホテルに提供されていたそうです。明治19年には三ツ矢平野水が、明治23年にはクリフォード・ウィルキンソン炭酸鑛泉水が発売されていました。六甲山麓の花崗岩層から湧き出る鑛泉水には炭酸ガスを含有するもの以外に、炭酸ガスを含んでいないものもあったとのことです。

その後、昭和4年に堀内株式会社が「富士ミネラルウォーター」を瓶詰めにして発売しました。メジャーなホテル用として開発されたものだったようです。

戦後の昭和24年ごろからは、ウィスキーの水割りが流行り、業務用ミネラルウォーターの消費が増えていきました。ニッカウヰスキー、日本鉱泉飲料、サントリーなどが次々にミネラルウォーターを商品化していきました。この頃はテーブル容器としてガラス瓶入りが主流だったようです。

そして、ついに家庭用が登場します。昭和58年にハウス食品がカレー用の水として、有名な「六甲のおいしい水」を発売しました。これが家庭用ミネラルウォーターのさきがけとなり、販売数は穏やかに伸びていきました。平成に入る頃には大手食品会社のサントリー、キリンビバレッジが家庭用ミネラルウォーターに進出し、ミネラルウォーター市場は大きく膨らみました。

その後も各社からいろいろなミネラルウォーターが発売され、順調に市場を伸ばして今に至っています。