ミネラルウォーターと名水百選

ミネラルウォーターで、名水百選に選ばれた水を使用している商品があります。ミネラルウォーターを名水百選にはどんな関係があるのでしょうか。

まず、名水百選とはなんでしょうか。名水百選とは、1985年に環境省が日本全国にある清澄な水を対象に、優れたものの再発見に努め、一般に紹介してその普及を図ったものです。狙いとしては、水資源、水環境の保護の立場から選び、関係する地域住民の努力を顕彰する意味をこめて設定されたもので、こうした考えに基づき全国から100箇所の水を選び「名水百選」としたのです。したがって、名水百選の水は、すべてが直接「おいしい水」であったり「安全な水」であったりするわけではありません。

名水百選はこのようなものなので、すべてがナチュラルミネラルウォーターというわけではないのです。ミネラルウォーターで名水百選を使用しているのは、ナチュラルミネラルウォーターとして利用できるものだけです。

ミネラルウォーターで、原水が名水百選に選ばれた水であれば、それをPRすることは可能です。ただし、そのPRや表示が、名水百選がミネラルウォーターそのものを対象として選ばれたものであるかのようにしてはいけませんし、名水百選に選ばれたことで、その河川や湧水が飲み水として優秀である、とか安全であると認められるような表示もできません。これは、環境省により決められています。ミネラルウォーターで、「○○の名水を衛生的に処理して製造しました」という表示であればOKです。

このように、ミネラルウォーターと名水百選には違いがあり、イコールで考えてはいけないのです。