ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターにもさまざまな種類があります。ミネラルウォーターの種類には、どんなものがあるでしょうか。

まず、軟水と硬水の違いがあります。水に含まれるカルシウム塩とマグネシウム塩の量の指標を硬度といいますが、この硬度が一定水準より少ない場合を軟水、多い場合を硬水と呼びます。一般的に日本国内で産出されるミネラルウォーターは軟水のものが多く、ヨーロッパで産出されるものは硬水が多いという傾向があります。あなたが飲んでいる水は、軟水である可能性が高いというわけですね。WHOの基準では、カルシウム塩とマグネシウム塩などの塩類の量を炭酸カルシウムに換算したアメリカ硬度(mg/L)で定めており、0~60のものを軟水、120~180のものを硬水、180以上のものを非常な硬水というように決めています。

また、ミネラルウォーターには、炭酸が含まれているものと含まれていないものがあります。ヨーロッパやアメリカでは、ミネラルウォーターの原料となる水にもともと炭酸が含まれているものがあり、ヨーロッパやアメリカでは、ミネラルウォーターといえば炭酸水を指すことが多く、「ガスなし」と特に断りをいれないと、炭酸水が出てくることがほとんどです。日本人は炭酸水を飲む習慣がないので、ミネラルウォーターを買うときはガスなしかどうかチェックすると良いでしょう。「ガスなし」のミネラルウォーターには、炭酸を抜く工程を加えたものと、もともと炭酸を含まない水を利用したものがあります。