ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは、ボトルなどの容器に入った飲料水の中で、地下水を原水とするもののことです。特に、源泉の成分に何らかの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター、もしくはナチュラル・ミネラルウォーターと呼びます。ちなみに、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ばれます。これらの区分は、農林水産省がガイドラインを定めています。

ミネラルウォーターは、海外のものや国内のものといろいろ出回っていますが、国内でのミネラルウォーターの生産量は、山梨県がトップです。

ミネラルウォーターの始まりは、地下水などの硬度が高すぎて飲用にしづらいヨーロッパを中心に、味の良い地下水のある地域のものを瓶詰めとして飲料水とし、販売したことからです。欧米では、飲用に適する上水道と、排水を流す下水道の間に、入浴や洗濯などに使われる生活用水を供給する中水道が存在しているエリアもあり、上水道でも硬度が高いために飲みにくい水しか出ない地域があるという事情もあり、飲用の水を瓶詰めにしたミネラルウォーターの販売が普遍化したのです。

近年では、ミネラルウォーターは「自然である」とか、「有害な不純物を含まず健康に良い」という理由で、世界的にも愛飲者が増えてきています。日本国内でも、水事情が良いと思われていましたが、大都市圏などの水道水には水源の有機物系のにおいや水道配管のサビ、消毒のための塩素のにおいやトリハロメタンの危険性など、水質に問題があると感じる人が増えてきており、ミネラルウォーターの売り上げも伸びてきています。