ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは、ボトルなどの容器に入った飲料水の中で、地下水を原水とするもののことです。特に、源泉の成分に何らかの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター、もしくはナチュラル・ミネラルウォーターと呼びます。ちなみに、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ばれます。これらの区分は、農林水産省がガイドラインを定めています。

ミネラルウォーターは、海外のものや国内のものといろいろ出回っていますが、国内でのミネラルウォーターの生産量は、山梨県がトップです。

ミネラルウォーターの始まりは、地下水などの硬度が高すぎて飲用にしづらいヨーロッパを中心に、味の良い地下水のある地域のものを瓶詰めとして飲料水とし、販売したことからです。欧米では、飲用に適する上水道と、排水を流す下水道の間に、入浴や洗濯などに使われる生活用水を供給する中水道が存在しているエリアもあり、上水道でも硬度が高いために飲みにくい水しか出ない地域があるという事情もあり、飲用の水を瓶詰めにしたミネラルウォーターの販売が普遍化したのです。

近年では、ミネラルウォーターは「自然である」とか、「有害な不純物を含まず健康に良い」という理由で、世界的にも愛飲者が増えてきています。日本国内でも、水事情が良いと思われていましたが、大都市圏などの水道水には水源の有機物系のにおいや水道配管のサビ、消毒のための塩素のにおいやトリハロメタンの危険性など、水質に問題があると感じる人が増えてきており、ミネラルウォーターの売り上げも伸びてきています。

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターにもさまざまな種類があります。ミネラルウォーターの種類には、どんなものがあるでしょうか。

まず、軟水と硬水の違いがあります。水に含まれるカルシウム塩とマグネシウム塩の量の指標を硬度といいますが、この硬度が一定水準より少ない場合を軟水、多い場合を硬水と呼びます。一般的に日本国内で産出されるミネラルウォーターは軟水のものが多く、ヨーロッパで産出されるものは硬水が多いという傾向があります。あなたが飲んでいる水は、軟水である可能性が高いというわけですね。WHOの基準では、カルシウム塩とマグネシウム塩などの塩類の量を炭酸カルシウムに換算したアメリカ硬度(mg/L)で定めており、0~60のものを軟水、120~180のものを硬水、180以上のものを非常な硬水というように決めています。

また、ミネラルウォーターには、炭酸が含まれているものと含まれていないものがあります。ヨーロッパやアメリカでは、ミネラルウォーターの原料となる水にもともと炭酸が含まれているものがあり、ヨーロッパやアメリカでは、ミネラルウォーターといえば炭酸水を指すことが多く、「ガスなし」と特に断りをいれないと、炭酸水が出てくることがほとんどです。日本人は炭酸水を飲む習慣がないので、ミネラルウォーターを買うときはガスなしかどうかチェックすると良いでしょう。「ガスなし」のミネラルウォーターには、炭酸を抜く工程を加えたものと、もともと炭酸を含まない水を利用したものがあります。

ミネラルウォーターの効能

ミネラルウォーターといえば、風味の良い水として販売されてきました。近年、ミネラルウォーターは、健康食品の一種としても販売されています。それがバナジウムという成分を含んだミネラルウォーターです。

バナジウムを含むミネラルウォーターは各社から発売されています。特定保健用食品には認可されていないので、効果については表示できないのでされていませんが、バナジウムは、糖尿病の抑制機能の効果があると言う説が出てきました。そこで、バナジウムを含んだミネラルウォーターが、健康食品として販売されるようになったのです。店頭で見かけた方も多いのではないでしょうか。

バナジウムを含むミネラルウォーター以外にも、各社から健康に良い、などと謳った機能水が販売されています。アルカリイオン水がその代表でしょう。

アルカリイオン水は、料理で活躍します。たとえば、昆布のうまみ成分であるグルタミン酸を普通の水の2倍抽出できたり、パンをふっくら焼き上げるなどという新聞記事が出たことがあります。緑茶では、普通の浄水よりカテキンの抽出量が多くなり、水道水より色やアミノ酸抽出が多いと言われます。アルカリイオン水は洗浄の場面でも活躍します。油脂の汚れを落とす効果が高く、条件によっては洗剤よりも洗浄力があったという報告もあったとか。ステンレス、メラミン樹脂、アクリルなどの食器洗いに十分利用できそうです。また、洗濯では、酸性水や超純水より粒子汚れの除去効果、脱臭効果が高いという研究報告があります。

このように、ミネラルウォーターは飲むだけでなく、家事にも役に立つのです。